外資系企業の募集求人から転職活動を行うデメリット

候補を狭めてしまうことになる

外資系企業から公開されている募集求人に基づいて転職活動を進めていく方法のデメリットとして、候補を狭めてしまうことがまず挙げられます。公開されている求人は全体の中のほんのわずかな部分なのです。他にももっと人材を探している外資系企業があるのに限られた中で決めてしまうと、自分にはあまり合っていない企業で働くことになりかねません。もっと良い転職先があったのに気付いたときには特に後悔してしまうでしょう。転職エージェントやヘッドハンターなども活用して外資系企業の人材獲得に関する情報を収集し、広く外資系企業を候補にしていくとこの問題は解決されます。自分を活かせる職場を見つけ出すためにも欠かせないことでしょう。

能力を伸ばしにくくなるリスクがある

これから転職して実力を伸ばしていきたいと思っている人にとっても、募集求人に基づいて転職先を決めてしまうのはデメリットをもたらします。能力を伸ばしにくくなってしまうリスクが比較的高いからです。基本的には外資系企業では即戦力となる実力者を公開求人で募集しているため、今までのキャリアを活かして働くことはできる可能性が高いでしょう。しかし、新たに知識や技術を習得して成長していく機会を与えてもらえないことも少なくありません。そのような機会を得られることも考慮して転職先を探そうとすると企業との直接交渉が必要になる場合がほとんどです。公開求人でもポテンシャル採用枠がないわけではありませんが、限られてしまうということは念頭に置いておきましょう。